スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

納期の特例が、若干(?)有利な理由

今日は、

源泉所得税納期の特例、改正の話。




■全てうまくはいきません




7月10日の納期の特例が近付いている

今日この頃ですが、

実は、納期の特例は、改正がありました。




とはいっても、

改正は、次の1月の納付のときの話ですが。




今まで、

源泉所得税の納期の特例というのは、

厳密には、2種類ありました。




「源泉所得税の納期の特例」

「納期の特例適用者に係る納期限の特例」





普通の納期の特例は、1/10が納期限。

納期限の特例は、1/20が納期限。




10日の違いがあるわけです。

(ちなみに、7/10の納期限はどちらも一緒です)




それが、

来年(平成25年)の1月の納付から、

一律1/20にまとめられます。




実際、

昔に納期の特例の届出をされた会社は、

1/10特例なのか、1/20特例なのかがよくわからず、

仕方がないので、1/10に間に合わせていた、

ということもありました。




これからは、

そんな悩みもなくなり、1/20に統一されるので、

年末調整がちょっと楽になるなー、と思っていたのですが、

よくよく考えてみれば、これは納期の特例だけの話。




そう、

特例じゃない、毎月納付の方は、

今回の改正には関係ないので、やっぱり1/10が期限。




というわけで、

完全一律1/20とはいかないのです、残念。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
年末調整 | 2012-06-19(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

実は、住民税ってええかげん?!



ちょいと、

遅ればせながらですが・・・。





■給与支払報告書の摘要欄




2月に入っているのに、

今さら、給与支払報告書の話題なんて、

恐縮です。




年末調整するときに、

転職されてきた方は、前職分の源泉徴収票を

提出してもらいますよね。




で、それを加算して、年末調整を行います。

そこまではOK。




みなさん、

それを給与支払報告書に、ちゃんと書いてますか?




給与支払報告書の真ん中ぐらいに、

ちょっと空欄がありますよね。




ここに、

前職分の金額を書いておかないといけないんです。




「源泉徴収票」は、

別にどっちでもいいですが、

「給与支払報告書」には、

絶対書いておかないとダメです。





■なぜ、前職を書かないといけないか




なぜでしょうか?




転職されてきた方の給与支払報告書は、

市役所に2枚届くはずです。




1枚は、転職前の会社から。

もう1枚は、転職後の会社から。




もちろん、

年末調整しているのは、転職後の会社からです。




でも、

そこに前職分の記載がないと、

市役所は、前職分を足して年末調整しているかどうか

わかりません。




というか、

前職分の記載がなければ、

加算なしと見られるはずです。




そうすると、どうなるか?




市役所は、

提出された2枚の給与支払報告書を合算して

住民税を計算します。




もし、

本当は年末調整で前職分を加算しているのに、

摘要欄に書き忘れていたら、

その分、住民税が多く課税されることになってしまいます。




(今回からは、年少扶養親族の欄も増えました。

これもちゃんと書いておかないと、

住民税が変わる恐れあり)




給与支払報告書には、

30万円未満の退職者分は、提出しなくていい、

という特例もあります。




そんなこんなで考えてると、

なんか住民税の課税って、

けっこうええかげん?というか危険?








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末調整 | 2012-02-07(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年末調整、やり直すなら今のうち!



さてさて、

今月もあと2日。





■なぜ、年末調整のやり直しが必要?




1月中のやらなくちゃリスト。




●法定調書合計表



●給与支払報告書



●償却資産税申告書




ときて、最後の1つがこれ。




●年末調整のやり直し




何で、

今頃、年末調整をやり直さなきゃいかんのだ、

ということですが、

これには、致し方ない理由があります。




例えば・・・。




★年末調整後に、結婚(離婚)した



★年末調整後に、子供が生まれた



★年末調整後に、臨時手当を支払った



★年末調整後に、未納の保険料を支払った



★年末調整後に、配偶者(扶養親族)の

所得が38万円を超えていることが発覚






こういう事態が発生した場合には、

年末調整のやり直しです。





■やり直しの2パターン




年末調整のやり直しには、

2つのパターンがあります。




●還付額が増える



●徴収額が増える




還付額が増える方のやり直しは、

1/31までなら可能です。




こちらは、

必ずしも、絶対しないといけない

わけじゃありません。




なぜなら、

自分で確定申告できるからですね。




一方、

徴収額が発生する場合は、

会社の納税もれになりますので、

1/31を過ぎても、やり直しする必要があります。




ちなみに、

年末調整をやり直すと、

玉突きで、法定調書合計表、給与支払報告書も

変わってしまいますので、ご注意を。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末調整 | 2012-01-30(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

法定調書合計表の提出は、今月中に!



さあ、

みなさん、提出は済みましたか?





■ちょっと用紙が変わりました




何の話かと言うと、

法定調書、給与支払報告書、償却資産申告書の

1月提出期限、3兄弟です。




毎年、この時期には

忘れないために、記事でご紹介していますが、

今年も念のため。




法定調書合計表なんて、

何かよくわからんけど、税金かかるわけやないし、

別に出さんでもええんちゃうの?

と思われる方もいるかもしれません。




でも、

これは、ちゃ~んと所得税法で、

提出が義務付けられている書類です。




観念して、今月中に提出しましょう。




提出していないと、

後日、税務署から催促の連絡があったりしますので。




また、

法定調書の調査、というのもたまにあります。




今年から、

法定調書合計表の様式が、

ちょっと変更になってます。




ご覧になられた方は、

お気付きのことと思いますが。




右上の方に、

新たに提出区分や提出媒体などの欄ができています。




これは、

もし間違えた内容の法定調書を提出したときに、

後日、訂正申告がきちんとできるように対応したものです。




ちなみに、

実際に訂正申告をするときは、

間違えた内容がわかるように、

訂正前のものを「無効分」、

訂正後のものを「訂正分」として、

提出します。





■提出は1月末までに




給与支払報告書と、償却資産申告書も忘れずに。




給与支払報告書は、

特別徴収と普通徴収の区別に気を付けて下さい。




普通徴収の場合は、

ちゃんとわかるように書いておきましょう。




償却資産申告書は、

最近、会社を設立するとすぐに用紙が

送られてくるようになりました。




昔は、

全然音沙汰なし、ということもありましたが・・・。




いずれにしても、

1月中に提出しておいて下さいね。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末調整 | 2012-01-18(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年末調整Q&A総まとめ~これだけ確認しておけば大丈夫



今日は、

年末調整Q&A総まとめ!





■去年のことなんか、忘れちまったわい、という方へ




このブログでは、

過去に、年末調整のQ&Aを

いろいろと載せています。




今日は、

おさらいの意味で、過去のQ&Aを

どんとご紹介です。



詳しくは、本文にて。




今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと2)



  

  ・年末調整と確定申告



  ・年末調整の期限



  ・今から還付額を増やすには






今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと3)




  

  ・年末調整と年金カット


  
  ・証明書がない



  ・年末調整の対象になる給料



  ・年末調整と失業手当




今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと4)




  

  ・生命保険の契約者



  ・配偶者の収入



  ・配偶者控除 その他





今年もやります!年末調整Q&A-2010(ぱーと5)




  

  ・扶養控除と年金



  ・掛け持ちバイト



  ・年末調整と年収





年末調整Q&A~こんなときどうする?



  

  ・年末調整と確定申告


  
  ・社長の年末調整



  ・年末調整と医療費


  
  ・年末調整の還付金


  
  ・年末調整と副収入







(今年の改正点)

平成23年分年末調整、まずは変更点をしっかり確認





(年末調整チェック表)

平成23年分 年末調整チェック表





どうですか?


年末調整、思い出してきましたか?





みなさん、頑張って年内に片付けましょう!








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
年末調整 | 2011-12-14(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。