スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

社会保険関係おすすめパンフレット

今日は、

おすすめパンフレットについて。




■便利な時代になりました




最近は、

公的制度についてのパンフレットが、

ホームページ上で、手軽に手に入るようになってます。




税金もそうですが、

今日、ご紹介するのは、

社会保険、年金関係です。




日本年金機構の下記のHPでは、

いろんなパンフレットが用意されています。




http://www.nenkin.go.jp/n/www/pamphlet/index.jsp




その数、ざっと40~50ぐらいあるんじゃないでしょうか。




例えば、

「国民年金保険料の口座振替は、

早割がお得です」

というパンフレット。




http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/free3/0000000004_0000003981.pdf




知ってましたか?

国民年金保険料の口座振替を早くする

つまり、前納すると割引があるんです。




1ヶ月前納で、年間600円のお得。

6ヶ月前納で、年間2,040円のお得。

1年前納で、年間3,770円のお得。




もし、1年前納を40年続ければ、

3,770円×40年≒15万円のお得になる計算です。




現金納付の場合でも、

前納割引は受けられますが、割引額は

口座振替の方が大きいみたいです。




【現金納付の場合】


1ヶ月前納はなし。

6ヶ月前納で、年間1,460円のお得。

1年前納で、年間3,190円のお得。




口座振替以外にも、

最近は、クレジットカード納付というのもできますが、

この場合の前納割引は、現金納付扱いになるんだとか。




他にも、

「在職中に、老齢厚生年金を受けられる方へ

~働きながら年金を受けるとき」




http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/free3/0000000004_0000000100.pdf




これなんかも、

よく従業員さんから質問があるんじゃないでしょうか。




そういう場合は、

このパンフレットを渡してあげると、

いいかもしれませんね。




どれも、コンパクトにまとまっていますから、

知っておくと使えるHPです。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
社会保険 | 2012-08-31(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

算定基礎届、実はこんなケースもあります

今日は、

算定基礎届の話。




■けっこう、奥が深い




ぼちぼち、近づいてきましたね。

算定基礎届の提出です。




そろそろ、

年金事務所から書類も届いているかと思います。




僕の専門分野ではないのですが、

簡単に解説を。




要は、

4月・5月・6月の報酬を届け出て、

今年9月分以降の社会保険料を

決めるための手続きですね。




ここで「報酬」というのは、

いわゆる給与のことだけじゃありません。

通勤手当や家族手当などの手当も含まれます。




また、年4回以上の賞与は、

年間賞与の12分の1が、

各月の給与等に加算されます。




ちょっとややこしいのは、

社会保険料の変更は、全員が9月からでOK、

とは限らないこと。




いわゆる、定時改定と随時改定ってやつです。




例えば、

4月・5月・6月の3ヶ月平均で

2等級以上の差があった場合等、

随時改定の要件を満たした場合には、

9月を待たずに、7月から社会保険料は

変更になります。




ただ、

これには、「固定的賃金の変動」

又は「給与体系の変動」があった場合、

という条件があります。




なので、

例えば、残業手当のように

「固定的賃金」ではない手当のみが原因で、

2等級以上差がついても、

随時改定の対象にはならないんです。




でも、

もちろん、定時改定では残業手当も

「報酬」に含まれますから、

4~6月で残業手当が増えていれば、

9月からの社会保険料には、

そのアップが反映されます。




えっ?!

よくわからない???




じゃあ、

お近くの社会保険労務士さんまで、ご相談を。。。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2012-06-25(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

労働保険料が口座振替にできる!

今日は、

労働保険の話。




■本当のメリットは?




先日、記事でもご紹介した通り、

只今、労働保険の申告が絶賛(?)受付中です。




期限は、7/10まで。




この労働保険に、

今回は、ちょっと新しい話があります。




労働保険料の口座振替制度が

できたらしいんです。




労働保険料といえば、

申告書を書いて、そのまま金融機関に持って行って、

提出と納付をする、というのが定番でした。




それが、

口座からの振替納付もできるようになった、

ということです。




でも、

メリットは、それだけではありません。




所得税の振替納税を思い出して下さい。




あれも、

税金の振替納付ですが、

一番のメリットは何でしたか?




そうです。

納期限が延長されること。




このメリットが、

労働保険の振替納付にも、導入されます。




第1期   7/10   →  9/28



第2期   10/31  →  11/14



第3期   1/31   →  2/14



※来年以降、

振替納付日は変わる可能性があります。






7/10の納期限が、

2ヶ月以上延長されることになります。




残念ながら、

今年の7/10の口座振替については、

申込期限が過ぎてしまっているので、

間に合いませんが、来年に備えて、

今から出すのはOK。




手続きとしては、

金融機関に申込用紙を提出するだけ。




詳しくは、

下記の厚生労働省HPでどうぞ。




労働保険料等の口座振替納付









このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2012-06-11(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

国民年金はクレジットカードでも支払える!



前回に引き続き、

国民年金の話題をもう1つ。





■事前届出で、クレジット払い可能




国民年金の保険料って

クレジットカードでも支払えるんです。




過去の未納分には使えませんが、

通常の毎月の保険料支払いには、

使えます。




半年払や年払も可能です。




ただし、

カード会社への支払は、

一括払いのみ。




分割払いやリボ払いはできません。




国民年金をクレジットカードで支払うには、

事前に届出が必要です。




国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書等




クレジットカードを使うと、

支払が少し先延ばしにできますし、

ポイントなども貯まります。




最近は、

電子納税など、支払方法もいろいろと

多様化してます。




便利な制度は、どんどん利用していきましょう。





■他の税金はどうなの?




じゃあ、

他の税金なんかはどうなんでしょうか?




まず、所得税。


クレジットカードでの支払はできません。

振替納税などを利用しましょう。




その他、

住民税や国民健康保険、

自動車税、固定資産税など。




最近は、

地方自治体によっては、

対応するところも出てきています。




こういうサイトもあるようですし。


Yahoo!公金支払い




ただし、

東京都税の一部コンビニでの

クレジット払いが終了するなど、

多少問題も出てきつつあるようです。




ご利用は、自己責任で。。。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2011-10-24(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

国民年金、未納分の支払は何年さかのぼれる?



これから、年金制度もいろいろと変わっていきそうです。




今日は、

そんなわけで、国民年金の情報を。





■国民年金を支払っているのは、2人に1人




現在、国民年金の納付率は

いくらだと思いますか?




厚生労働省発表の資料によると、

平成23年度分の7月末時点での全国平均は、

なんと55.2%。




約半分が未納という状態です。




都道府県別で見ると、

一番納付率が高いのが、新潟県で67.2%。




一番低いのは、沖縄県で35.1%。

新潟県の約半分です。




35.1%って、

払ってるのは、3人に1人・・・。




ちなみに、

ワースト2位は大阪府で、47.2%。




被災地より納付率が低いって、

どうなんでしょうか???




→→→国民年金保険料の納付率について





■さかのぼって未納分の支払いも可




国民年金は、

25年以上払っていないと、受給資格がありません。


(免除された期間は含まれます。)




25年に足りない方は、

未納分を支払わないと、年金がもらえないことになります。




そこで、

国民年金には、未納分をさかのぼって支払える

制度があります。




現在は、

過去2年分までさかのぼって支払うことができます。




これが、

平成24年秋から、10年さかのぼって

支払うことができるようになる予定です。



(平成24年から、3年間限りの時限措置)





ただし、

3年以上さかのぼる場合には、

保険料と別に、加算金がかかるとのこと。




納付月数の足りない方は、

追加払いを検討してみましょう。




ちなみに、

追加払いした金額は、

支払った年の、社会保険料控除として、

年末調整又は確定申告で控除できます。




→→→国民年金保険料の納め忘れがある皆さまへ







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2011-10-21(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。