スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

会計指針チェックリストの保証料割引が全部準拠に!

今日は、

会計指針チェックリストの話。




■ある意味、正常になりました




みなさん、

「中小企業会計指針チェックリスト」って知っていますか?




中小企業には、

上場企業向けの会計基準は、ちょっと重荷です。




なので、

中小企業向けの会計指針というのがあります。




(最近は、会計要領という新バージョンも出ました)




決算書が、その会計指針に沿っているかどうかを

チェックするのが、冒頭のチェックリストです。




当初、このチェックリストを普及させるための

“販促策”として、このチェックリストを融資のときに

提出すると、保証料の0.1%割引が受けられる、という

特典が付けられました。




この特典は、今でも続いているのですが、

実は、この取り扱いが最近、変わっています。




このチェックリストは、

まあチェックリストですから、○や×をつけていくわけですが、

今までは、×がついていてもお構いなしでした。




つまり、

内容に関係なく、

出せば保証料割引が受けられていたのです。




それが、

今は、該当がない項目を除いて、

全てが○でないと、保証料割引が受けられないように

なりました。




そのため、

今まで受けられていたのに、なんで今回はあかんねん!

という方も出てくるはずです。




もちろん、

全てが○になれば問題なしですが、

そうならない場合もあります。




これからは、

そういうケースが増えてきそうです。




問答無用だった今までが、

やりすぎだったってことですね。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
中小企業のための融資情報 | 2012-09-28(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

倒産防止共済のカラクリ

今日は、

倒産防止共済の話。




■借りるべきか?!




倒産防止共済の加入者が、

増えているようですね。




やっぱり、

こないだの改正が効いてるんでしょうか。




今まで、月8万円までだった掛金が、

月20万円まで掛けられるようになり、

最高800万円まで積み立てられるように

なりました。




結構、節税目的で入るケースも

増えてるんじゃないかと思いますが。




もちろん、

本来の目的は、「倒産防止」です。




取引先が倒産等した場合に、

積立金額の10倍を限度に、融資が受けられます。




この融資、無利子だということになってますが、

いやいや、実際は違います。




融資を受けると、

その10分の1の金額が、掛金積立額から

控除されます。




控除された金額は、

解約しても、もう戻ってきません。




結局、

その部分が実質的には利息、

ということになります。




しかも、

この利息、結構高い!




例えば、

倒産防止共済で、1,000万円の融資(5年返済)

を受けました。




で、その10分の1の掛金積立額、

100万円を積立金額から控除されました、

という場合。




このときの100万円は、

1,000万円の融資に対する利息相当です。




5年で100万円ですから、

年20万円の利息。




融資の平均残高が500万円とすると、

ざっくり利率は、20/500=4%。




ちょっと高いでしょ?




なので、

このカラクリを知ってる人は、

借りられる場合でも、あえて借りなかったりします。




そこは、

会社により、ケースバイケースの判断になります。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2012-09-14(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

【速報!】緊急保証制度、11月から対象業種4割縮小

今日は、

緊急保証制度、速報!




■4割縮小です




このブログでも、

確かご紹介したと思いますが、

中小企業向けに、全業種100%保証を実施していた

緊急保証制度が変更になるかも、という話が

ありましたよね。




緊急保証制度が終了する、という

勘違いもあったようですが、

その変更がいよいよ決定、

8/31に発表されました。




発表の中身をまとめると、

こんな感じ。




●緊急保証制度自体は、継続



●対象業種は、11/1以降4割縮小



●融資要件として、「最近月の売上高等が

リーマンショック前5%以上減少等」の基準を追加



●東日本大震災復興緊急保証は、継続



●小口零細企業保証(小規模事業者向けの

保証債務残高1,250万円以下の100%保証)は、継続



●政策公庫のセーフティネット貸付は、継続



●経営力強化保証制度の創設




結構、盛りだくさんのようですが、

要は、現状での緊急保証制度は、

10月末まで、ということです。




11月以降は、

4割の業種が対象外となります。




どんな業種が対象外になったのか、

ざっくりでもまとめたいところなんですが、

正直、よくわかりません・・・。




わかるのは、

11月以降の対象業種だけです。




対象業種のファイルを添付しておきますので、

なんとか、この表で探し出して下さい。




そして、

惜しくも対象業種からもれていた場合は、

まだ10月末までなら、緊急保証制度が利用できますので、

検討しましょう。




また、この対象業種は、

半年後にまた見直される可能性があります。




対象業種に残った場合も、

それを頭の片隅に置いておきましょう。





平成24年度下半期の中小企業対策について発表します




セーフティネット保証の概要




セーフティネット保証の指定業種

(平成24年11月1日~平成25年3月31日)





東日本大震災復興緊急保証の概要




セーフティネット貸付の概要





経営力強化保証の概要





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2012-09-03(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大阪の保証協会に、統合の話。

今日は、

ちょっと大阪ローカルの話。




■大阪には、保証協会が2つある




大阪には、

保証協会が2つあります。




大阪府信用保証協会と大阪市信用保証協会。




他にも、

こういう地域あるんでしょうか。




ちょっとわからないんですが、

とにかく大阪には、2つあるんです。




だから、

大阪市に本店をおいて、会社を設立します。




すると、

両方の保証協会を使うことができます。




まあ、

別に両方使ったからといって、

融資枠が2倍になるわけじゃありません(笑)。




でも、

こっちの保証協会ではダメだったけど、

あっちの保証協会はどうかなあ、

ということができます。




同じ保証協会ですので、

どっちを使っても同じように思いますが、

これがなかなかどうして。




巷の噂では、

大阪市の信用保証協会の方が、

審査が甘い?

と言われているようです。




というわけで、

大阪で会社作るときには、

市内に本店を、というアドバイスがあるほどです。




その大阪人の特権(?)が、

どうやら近々なくなる見込みのようです。




要するに、

大阪府信用保証協会と大阪市信用保証協会が

統合されるという話です。




ただ、

一方的に悪い話というわけでもなく、

両方の保証協会からの融資を借換保証で

一本化できないなどの弊害もあった(ように思う)ので、

統合されて良い面もある気がします。




まあ、

大阪以外の方には、

関係ない話ですね。。。








このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2012-06-18(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

100%保証融資、縮小見直しか?!

緊急保証制度、

最新情報です!




■水面下で始まった動き




なんとなく、久しく話題に上がらなかった

緊急保証制度ですが。




あっ、

今はもう緊急保証制度とは

言わないですね。




改め、セーフティネット保証として、

今も継続中です。




最近3ヶ月の月平均売上高等が、

前年同期比5%以上、減少しているなど、

一定の要件を満たせば、

保証協会の100%保証融資が受けられる、

というもの。




始まった当初は、

対象業種がまだ少なく、

自社が対象業種に入っているのか、

ということが結構大事だったのですが。




今では、

原則全業種の82業種が対象になってます。




これが、

平成24年9月末まで続くのは、

ほぼ間違いないんですが、

問題はその後。




リーマンショックから続いてきたこの融資制度も、

ついに見直しのときが来たようです。




詳細はわかりませんが、

対象業種を絞るなど、縮小・見直しの方向で

どうやら動き出したようです。




来年3月には、

金融円滑化法の終了も控えています。




保証協会の代位弁済額は

今後、増えていくことが予想されます。




そのあたりを見据えた動きが、

そろそろ出始めていますね。




今後の動向には、要注意です。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2012-06-12(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。