世界の変わった税金いろいろ



今日は、ちょっと趣向を変えて、

世界のいろんな税金をご紹介したいと思います。




財政難で苦しんでいるのは、

日本だけではありません。




今、世界中で増税の知恵が絞られているようです。





■ハンガリー~ジャンクフード税




ハンガリーでは、

9/1から、スナック菓子や清涼飲料水などに対して、

課税する新しい税制が始まりました。




約20~60%値上がりするそう。

ただし、ハンバーガーは対象外。




理由は、

袋物商品に限られるからだとか。




???




実際、ものすごい反発だそうです。。。





■中国~月餅税




中国では、

月餅といわれる、丸く平たいお菓子を食べながら、

お月見をする風習があるそう。




中秋節というらしいのですが、

そのシーズンには、職場でもお互いに

月餅を贈り合うのが普通。




なんと、その月餅に

「月餅税」なるものが課税されるようです。




イメージ的には、

職場でもらったバレンタインのチョコを

年末調整で給料に加算して、税金がかけられる(?)

ような感じでしょうか???





■スペイン~富裕税




スペインでは、

3年前に廃止した「富裕税」を復活させます。




資産総額が70万ユーロ(約7,421万円)を超える人が

富裕税の対象となる模様。




これは、

収入ではなく、資産(ストック)に対して

課税される税金のようです。




日本の相続税のようなイメージでしょうか。




アメリカや日本でもそうですが、

富裕層に対する課税は、賛否両論ありますね。





■インド~身代金の税額控除



インドで、

ある裁判がありました。




それは、

誘拐犯からの求めに応じて、

身代金を支払った経営者が、

所得税において、身代金の税額控除を求めて

起こした裁判です。




結果は・・・。




身代金の税額控除が認められたそうです。




世界は広い。

税金もいろいろ。




日本の増税はどうなるんだろ。。。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2011-10-04(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

「2,000億円」の話



半年ほど前の話。




ある最高裁判決により、

納税者に贈与税の還付が行われました。




なんとソノ額、



・・・・・・



200,000,000,000円



(ちなみに、0は11個ついてます)




2,000億円。







2,000億円って、いったいどんなもん?




とりあえず、裁判の細かい話はヨコにおいといて。


今日は、「2,000億円」の話。






■2,000億円は、諭吉さん何人分?



2,000億円=1万円×2,000万枚






■2,000億円は、何キロ?



約20,000キログラム = 約20トン






■2,000億円の売上って、どんなもん?



東宝㈱の平成23年2月期決算の連結売上高


→約2,000億円






■2,000億円の利益って、どんなもん?



トヨタ自動車㈱の平成22年3月期の連結当期純利益


→約2,000億円






■自治体の税収と比べると?



平成19年度の滋賀県税の税収


→約2,000億円






■国の予算と比べると?



平成23年度の中小企業対策費の予算額


→約2,000億円






■贈与税の税収全体と比べると?




平成20年分贈与税の税収


→約1,000億円






恐るべし。。。









このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2011-09-02(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

やっぱり借りたお金は返そうよ・・・

先日、

某ベストセラー本を書いた経営コンサルタントが

脱税指南をしたということで逮捕されました。




このコンサルタントは、

近々発足予定の、鳩山首相直属の諮問機関にも

参加する予定でした。




このブログにも何度も書いてますが、

ホントにホントに脱税はダメですよ。

当たり前のことですが。。。




最近、

経営コンサルタント、資金繰りコンサルタント、

その他こういうジャンルの方が増えてます。




本屋に行っても、

この手の本はたくさんありますよね。




ネット上でも然りです。




でも、

その情報の真偽は、受け取った自分自身が

自分の責任で判断しないといけません。




もちろん、

脱税指南をするのは、犯罪です。




でも、

もし最初はその気がなかったとしても、

そういう情報に触れて、その情報を鵜呑みにしてしまえば、

それは自分の責任です。




自分を守るためには、

安易にそういう情報に乗っからない、

という姿勢が大事なんだと思います。




世の中、

そうそうラクしてトクとれることなんて

ないと思うんですが・・・。




→→→節税”裏技”のホントとウソ<世の中に出回る節税情報>




でも、

これでこの本、また売れるのかも。。。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2010-01-18(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

税理士、よもやま話。

税理士業界も、実は高齢化が進んでます。



60歳以上の税理士が、

全体の半分以上を占めてるんです・・・・・。



結構ビックリですよね。




もっとビックリなのは、

80歳以上の方が5%以上もいるらしいです・・・・・。




この仕事をしてると、

別の税理士さんから変わって来られる

お客さんもおられます。



過去3年の申告書を見せて下さい、

というと、なんと中には、手書きの申告書が

出てくることもあります。




僕らの世代にとっては、

申告書を手書きで書くなんて、

そりゃもうありえないわけです。




でも、もっと年配の先生に話を聞くと、

もっとすごい話が聞けます。




まずは電卓なんてものはなかったと。




みんな、基本そろばんです。




初めて電卓が売り出されたときには、

それは、スーパーのレジほど(?)デカイやつで、

横にハンドルがついていて、

割り算をするときには、

そのハンドルを回すんだとか。



こんなやつらしいです→→→タイガー計算機




また、コピー機なんてもんはなかったと。




決算書ができて、申告書ができたら、

それをカーボンを敷いて、手書きで写す、

字のきれいなパートさんが必須だったそうです。




国税局管轄の会社なら、

申告書を3部出さないといけないので、

大変だったみたいです。




そんな時代から考えれば、

便利な時代になったもんです。







このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2009-04-28(Tue) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

祝!1周年! いざ2年目突入!

去年の3/9に開設したこのブログが、

今日で、ついに1周年を迎えました!!




ありがとうございます!!




今日が326回目の記事更新になります。




途中、試験休みと年末年始を頂いたので、

365日毎日というわけではありませんが、

何とかここまで来られました。




長かったような、短かったような・・・・・。




ブログを始めた時点では、

1年後のこの姿は想像もできませんでした。





”継続は力なり”





この言葉を信じて、

コツコツ地道にやっていきたいと思います!





ところで最近は、

インターネットで検索すれば、たいがいの事は分かると思うんですが、



その分、情報が多すぎて目当てのものが探し出せなかったり、

よけいに混乱したりすることがあります。




僕自身もそうです。




できるだけフレッシュな情報を、

分かりやすく整理してご紹介する、というのが

2年目の目標かな、と思ったりしてます。




というわけで、

2年目突入のこのブログ、

今後とも末永くよろしくお願いします!





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2009-03-09(Mon) 19:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース