スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

労働保険料申告書、よくある質問

この時期、

労働保険の申告書を作成中の方、

多いですよね。



税金の話ではないんですが、

今、旬の話題なので、

少し取り上げてみたいと思います。



実際やってみると、

こんなときどうするの?!

というのはよくあります。



そんな時には、ココを見るといいです。


→→→厚生労働省 年度更新よくある質問



合計17のQ&Aが載ってます。



下の2つは実際、よくある話ですよね。


Q3.申告書を間違えて記入してしまいました。

どうしたらいいのですか。


A.領収済通知書の納付金額以外であれば訂正できますので、

訂正後の数字(文字)がわかるように書き直してください。

訂正印の必要はありません。





Q12.申告書と領収済通知書を切り離してしまいました。

どうしたらいいのですか。


A.申告書のみを管轄の労働基準監督署または労働局に

提出して頂き(郵送可)、領収済通知書はお近くの金融機関で

納付してください。





「年度更新申告書計算支援ツール」というエクセルもありますよ。

→→→年度更新申告書計算支援ツール




このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
社会保険基礎知識 | 2011-06-22(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

結局、社会保険に加入すると、会社負担はどれだけ増える?

今日も給与計算がらみで、

社会保険料の負担について、書いてみたいと思います。



法人になると、

社会保険は強制加入になります。



社会保険料は、

従業員本人と、会社がだいたい半分ずつ負担します。



だから、

社会保険に加入すると、必ず会社の経費は増えるわけです。




問題はどれくらい増えるのか???




じゃあ、ちょっと計算してみましょう。

まず、従業員、会社負担含めた全体の税率からです。



健康保険料         82/1,000

厚生年金保険料      153.5/1,000

雇用保険料         15/1,000(業種によって違います)

児童手当拠出金      1.3/1,000

労災保険料         4.5/1,000(業種によって違います)

合計        256.3/1,000



業種によって変わってくるんですけど、

だいたいこんなもんと思って下さい。



これが全体の税率です。



このうち、会社負担はこんな感じです。



健康保険料         41/1,000

厚生年金保険料      76.75/1,000

雇用保険料         9/1,000(業種によって違います)

児童手当拠出金      1.3/1,000

労災保険料         4.5/1,000(業種によって違います)

合計        132.55/1,000



児童手当拠出金と労災保険は、

全額会社負担になりますので、ちょうど半分にはなりません。



結論は、だいたい13%から14%といったところです。




社会保険に加入すると、

今までの人件費がだいたい1.1~1.2倍になる、

ということになります。





正直、大きいですよね、この数字は。



派遣会社なんかは、全員社会保険に入ったら、

利益が出ない、なんて話もあります。



さらに、追い討ちをかけるように、

厚生年金の保険料率は183/1,000になる平成29年まで、

毎年上がり続けます・・・・。



でも、法律は法律ですからね。

それでも回っていく体制を頑張って考えましょう!



工夫次第では、

多少なら社会保険料を減らす方法もあります。



また機会があれば、ご紹介しますね。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険基礎知識 | 2008-10-31(Fri) 19:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

非常勤役員の社会保険はどうなる?

今日は非常勤役員つながりで、

非常勤役員と社会保険の関係について、

書いてみようと思います。



法人になると、

社会保険は強制加入になります。



社会保険には、

健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

がありますね。


保険料の半分は、本人の給料から天引き、

残り半分は会社が負担してあげる、という制度です。




で、家族を非常勤役員にして、

給料を支払う場合、

社会保険も入らなあかんの?




という素朴な質問が出てきます。



社会保険に入るとなると、

手続きもしないといけないし、

保険料の半分は、会社負担になるし・・・。



でも、


非常勤役員は原則、入らなくてもいいです。


っていうか、入れません。




ただ、

非常勤役員と一口で言っても、

いろんな勤務形態がありますし、



どうも管轄の社会保険事務所によって

取扱いが変わる場合もあるみたいです。



でも、

月1、2回しか出勤しない、というような場合だったら、

会社の社会保険には入らない、ということで、基本的にはいいと思います。



つまり、

個人で国民健康保険、国民年金に入る、ということですね。




逆に、常勤役員が非常勤役員になることによって、

社会保険料の負担を減らして、会社の経費を節約!

なんて使い方も考えられます。



この場合は、

役員報酬をどうするか、

ちゃんと考えないといけませんけどね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険基礎知識 | 2008-08-18(Mon) 20:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

3月決算と労働保険は相性が悪い?!

今日は、税金とは違いますが、

労働保険の話をしたいと思います。


というのも、

この5/20が労働保険の申告期限なんです。




労働保険というのは、

雇用保険と労災保険のことですね。


雇用保険からは失業給付がもらえます。

労災保険は、業務上の災害等の場合に給付金がもらえます。



法人でも、個人でも、

誰か人を雇えば、原則労働保険に加入しないといけません。


(ただ、社長や個人事業主は原則、加入できません。)



労働保険料は、前払いですので、

毎年この時期に、今年4月~3月までの保険料を

先払いすることになってます。



じゃあ、いくらぐらい払うのかというと、

だいたい年間の従業員給料の2%です。


(手当や通勤交通費なんかも含むと思って下さい)


「な~んや、2%か・・・」

と言わないで下さいね。


それでも結構な金額になるんですよ。



例えば、

毎月20万円で5人の従業員を雇っているとします。



この場合、年間の給料総額は、

   20万円×5人×12ヶ月=1,200万円

ですね。


ということは、労働保険料は、

   1,200万円×2%≒24万円

になります。(正確な金額じゃないですよ!)

(そのうちの、だいたい3割は、本人の給料から天引きしています)



これが40万円以上になると、

年3回の分割払いができますが、

それ以下だと、原則一括払いになります。




今、ちょうど3月決算→5月申告の会社の決算をやってるんですけど、

税金がある程度の金額に納まったなー、と安心していると、

実は労働保険料がこれだけあります、なんてこともあります。




そう思うと、

3月決算というのは、税金の支払いと、労働保険料の支払いが

ダブルで来ますので、資金繰りが厳しくなりますね。



”事業年度の決め方”の1つに、加えてもいいかもしれません。



PS.労災保険については、社長や個人事業主でも特別加入できる場合があります。

詳しくは、社会保険労務士の先生にでも聞いてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険基礎知識 | 2008-05-11(Sun) 11:40:51 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。