スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

保険満期金の申告漏れに注意!

確定申告のときに、ついつい計算に入れるのを忘れてしまいがちなのが、
保険の満期金です。

自分で保険料を支払って、満期金も自分で受け取った、という場合、
これは「一時所得」という種類の所得に該当し、
ちゃんと申告しなくてはいけないんです。


保険会社などは、保険満期金を支払うと、
原則、1回の支払いが100万円を超えるようなものについては、
税務署に支払調書というものを提出しています。

要するに、
「うちの保険会社はこの人にこれだけ保険金を支払いましたよ」
と税務署に申告しているんです。

ということで、
税務署は全てお見通し!
というわけです。


ただ、「一時所得」はダブルで優遇されているので、
税率はだいぶ低くなります。

例えば、300万円の保険満期金を受け取りました。

でも、300万円に対して所得税がかかるわけではありません。

300万円の満期金を受け取るために支払った保険料がありますね。
これはちゃんと経費としてみてくれます。

ここでは、200万円の保険料がかかっていたとします。

すると、実際の所得は

300万円-200万円=100万円

となります。


では、
この100万円に対して所得税がかかるかというと、
いや、まだまだです。

一時所得はここからさらに50万円を一律に引いてくれます。


ということで、

100万円-50万円=50万円

となります。

では、今度こそ
この50万円に対して所得税がかかるのかというと、
いやいや、まだまだです。

さらにここから所得を1/2にしてくれます。

ということで、

50万円×1/2=25万円

となり、結果的にはこの25万円が課税対象となります。


いざ計算してみると、

満期金があっても所得税がかからないときもあります。

ただ、所得税がかかるのに申告していないと、
税務署からのちのち連絡があり、
加算税やら延滞税やらの罰金がかかってくることになります。

満期金のあった方は要注意ですよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
保険金が満期になったとき | 2008-03-13(Thu) 23:55:10 | トラックバック:(0) | コメント:(3)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。