スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

役員任期は長けりゃいいってもんでもない?!

今日も、役員任期の続きの話です。


昨日の話はこちらです。


昨日は、役員の任期を10年まで延長できますよ、

という話でしたね。


同族会社で役員が家族だけの場合は、

それでもいいと思います。




ただ、役員の任期を長くすることを

個人的にはおすすめできない場合があります。




それは、役員に他人さんがいる場合です。




普通の同族会社やったら、そんなことほとんどないやん!

と思われるかもしれませんが、

けっこうそんなこともないです。




例えば、

よくあるのは、友人と共同で会社を始めた、というような場合。



もちろんケースバイケースなんで、

参考程度で聞いてもらったらいいんですけど、

こんな場合、あんまり任期は長くない方がいいです。



一般的な話として、

やっぱり共同経営というのは、

残念ながら、何かしら問題が起こってくる可能性が

高いと思います。



それは僕の経験上もそうです。



(まあ、これは本当は他人さんだけではなく、

家族でも言える話なんですけどね。)



となると、

もし、任期を10年にしてた場合、

任期途中で何か問題が起これば、任期途中での解任ということに

なってしまいます。



そうなると、またいろいろと問題が大きくなる可能性もあります。



だから、意識的に任期を2年とか、

場合によっては1年とか、短めにして、

万が一のときには、早めに役員を入れ替えるように

しておく。



また何もなくても、

任期ごとに、役員として本当に適任か、ということを

考え直す機会にはなります。




あんまりマイナス面ばっかりを言いたくはないんですけど、

やっぱりいざというときのリスク管理も大切ですので、

そういう視点もちょっと頭の隅にでも置いておいて下さい。



また、トラブルというのは、

実は第三者間のトラブルより、同族間のトラブルの方が、

根が深く、大変なこともあります。


(例えば、相続→”争族”など)




まあ、経営者というのは、

とにかく悩みがつきないものですよね。



1つでも悩みの種を減らせるように、

そのお手伝いをするのが、僕らの仕事だと思ってます。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
役員任期の決め方 | 2008-08-16(Sat) 12:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

役員の任期は変えられるの?

家族を役員にしたときの注意点について、

ここ何日か書いてます。



今日は、ちょっと役員がらみでまた別の話を。



役員というのは、任期があります。



普通は、取締役が2年、監査役が4年です。




同族会社は監査役がいない場合が多いですから、

その場合は2年ごとに任期が来るわけです。



で、任期が来たらどうなるか・・・。



そこで、また株主総会を開いて、新しい取締役を決めて、

ということになります。



ただ、同族会社はぶっちゃけ、

株主総会もへったくれも

あんまり関係ありません(笑)。



別に任期が来ても、

また引き続き自分が社長をやるだけの話です。




でも、役員が代わっていなくても、

登記だけはしないといけません。



登記をすると、当然いろいろと費用がかかるわけです。


(なによりめんどくさい・・・・・。)




というわけで、


定款に定めたら、役員の任期は10年まで

延ばすことができます。





これで登記費用をちょっとは節約できますね!



でも、10年にいっぺんだとそれはそれで、

登記するのを忘れてしまいそうですが・・・。



登記を忘れて放っておくと、

一応罰金がかかることになってますので、

ご注意を!


(とはいうものの、今まで罰金がかかったという人に

会ったことはないんですけど)



今、任期が2年という会社さんも、

今から定款を変えられますよ。





ちなみにですが、

定款を変えたら、また法務局に届け出ないとダメだと思いますよね?



(僕も昔はそう思ってました。)



でも別に、そんなことはないんです。



変更後の定款を会社にちゃんと残してれば、

それはそれでOKなんです。



この場合、法務局はその会社の新しい定款を持ってないので、

その会社の役員の任期が何年なのかわからない、ということになります。



でも、それでもいいみたいですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
役員任期の決め方 | 2008-08-15(Fri) 20:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。