スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

株主を途中で変えても大丈夫?

結局、何がいいたいかというと、


会社が1,600万円基準を突破する前に、

ある程度対策を考えておいた方がいいんじゃないのか



ということです。



確かに、

この1,600万円基準を突破する会社になるのは、

だいぶ先のことかもしれません。


そのときになったら、また考える、というのも1つです。


そのときに打てる手がないこともありません。



前のブログにも書いたように、

株式の10%超を他人さんに持ってもらって、

名義株主でない、ということが証明できれば、

それで、この規定の対象からは外れます。



「じゃあ、そのときになったら、

自分の株式を誰かに売ったらいいやん」



ということになりますが、


個人的には、これはあんまりおすすめできません。




続きはこちら!!>> このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
スポンサーサイト
   
株主の決め方 | 2008-04-23(Wed) 21:00:43 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

1,600万円までならOKなんです

ちょっと、日があいてしまいましたが、


   「業務主宰役員給与の損金不算入」


という長ったらしい名前の規定について

以前ご紹介しましたね。


そんなもん知らんわ!という方はこちらをどうぞ!


社長の給料の2~3割が経費にならなくなります

該当する会社はこんな会社です


ただ、この規定について、

もう1つ重要なことをまだ書いていませんでした。


それは、利益が少ない会社は対象外になる、ということです。



細かいことを抜きに、わかりやすく、簡単にいうと・・・・・



続きはこちら!!>> このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
株主の決め方 | 2008-04-22(Tue) 21:02:56 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

続・他人に株主になってもらうメリット・デメリット

今日は、
他人に株主になってもらうデメリットについて
書いていきたいと思います。


昨日までの流れで、
他人さんに株主になってもらうメリットは、
分かりましたね。


ただ、
株主になってもらうということは、
その人に株主としての権利を与える、
ということです



そこは必ず押さえておかないといけません。


例えば、
代表取締役の解任は、
株主総会で過半数の同意があれば、
原則可能です。


ということは、
最低でも過半数の株式は、
自分が所有しておいた方がいいですね



また、もっといえば、
株主総会で2/3以上の同意(特別決議)が
必要な項目もあります。


これを考えると、
67%以上は、自分が所有しておいた方が
安全です



「中小企業やねんから、そんなん関係ないんちゃうの?」


と思われるかもしれませんが、


続きはこちら!!>> このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
株主の決め方 | 2008-04-15(Tue) 21:13:19 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

他人に株主になってもらうメリット・デメリット

では、昨日の続き、いってみましょう!


~簡単におさらい~

社長の役員報酬の一部が
経費にならなくなる規定
があり、

その対象から外れる要件として、
発行済株式総数の10%超を、
第三者が所有する、というのがありました。


資本金を少なくすれば、
10%超といっても、出資金額が少なくなりますので、
出資してくれる人が現れるかも?
というところまででしたね。


~ここから今日の本題ですよ~


じゃあ、
とりあえず、自分の親族以外が出資してくれたら、
それだけでバンバンザイでしょうか???

いえいえ、そんなことはありません!


それじゃあ、骨抜きの規定になってしまいますから(笑)

続きはこちら!!>> このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
株主の決め方 | 2008-04-14(Mon) 21:22:21 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ただ、株主を変えるだけでは・・・・・

では、昨日の続きです!


ただし、

じゃあ、ただ10%超を他人さんに出資してもらうだけで、

万事OKかというと、そんなことはありません。



問題はたくさん出てきます。



●まず、出資してくれるような人がいない・・・・・。

●出資してくれたとしても、ただ単に名義を借りているだけならダメ!

●逆に、株主としての権利ばっかり主張されたらどうするの?!

●のちのち、もし株式を買い取ってくれ!と言われたら・・・・・。



などなど。



これは節税対策に限ったことではないですが、


なんでも物事には、

   表と裏、明と暗、陰と陽、リスクとリターン、儲けた人と損した人・・・・・

と二面性があるものですよね。


節税対策をする際には、

特に気をつけておいてほしいのですが、



続きはこちら!!>> このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
株主の決め方 | 2008-04-13(Sun) 00:03:06 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。