スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

しばらく休業します

いつもご愛読ありがとうございます。



管理人のくらのすけです。



ちょっとしばらく休業します。



過去記事の検索などで

楽しんで頂ければ、と思います。



ではまた。



管理人 くらのすけ





このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
スポンサーサイト
   
自己紹介 | 2012-10-29(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(23)

個人と法人で、生命保険の税金はどう違う?

今日も、

保険料の話。




■法人は、幅が広がります




昨日まで、

個人の生命保険料控除の話をしていました。




事業をされていない、一般の個人の方については、

生命保険料控除という制度はありがたいものかもしれません。




ただ、

個人事業主の方については、

実は、そうでもありません。




だって、

いくら生命保険料を払ったとしても、

所得税の所得控除で、10万円とか12万円しか

控除が受けられないわけですから。




これが、

法人になると、保険料が経費で落とせることになります。




最近は、保険料を全額経費にできる保険は

少なくなってきましたが、

保険料の半分を経費にできる保険は、今も健在です。




ここが、法人成りのメリットの1つです。




ただし、

保険というのは、払うばかりでなく、

もらうときのことも考えないといけません。




個人で、満期保険金などをもらったときは、

一時所得になります。




一時所得は、

最高50万円の特別控除がある上に、

所得が2分の1になるので、

実質、税率は半分以下になります。




かなり優遇されているわけです。




また、

医療保険から支払われた入院給付金などは、

所得税非課税です。




一方、

法人の場合はというと、

満期などで保険金が入ってきたときには、

他の利益と合算されて課税されます。




実効税率は、

所得によっても変わりますが、

最高40%ぐらいでかかってきます。




一時所得よりも、税金は高くなります。




また、

医療保険からの保険金等であっても、

全て課税対象です。




まあ、

その代わり、役員退職金を支払えたりしますので、

課税を回避する方法もあるわけですが。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
その他上記以外 | 2012-10-26(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

新・生命保険料控除、これだけわかれば大丈夫!(その2)

では、

昨日の続きです!




■ポイントはここだ!




生命保険料控除の話でしたね。




介護医療保険料控除が、

新しく創設され、「何じゃそれ」と思われている方も

多いかもしれませんが、

実は、そっちはシンプルです。




新契約しかありませんし、

介護医療保険料控除かどうかは、

保険会社から送られてくる控除証明書に

書いてありますし。




問題は、

一般生命保険料控除と個人年金保険料控除で、

新契約と旧契約の両方がある場合です。




この場合、

どれをどうやって計算するのか、

こんがらがるかもしれません。




簡単に言うと、

一般生命保険料控除、個人年金保険料控除のそれぞれで、

3種類の計算をして、その中から最も控除額の多いものを

選択する、ということです。




1つ目は、旧契約のみで計算。




新契約はないものとして、

旧契約のみで、改正前の計算方法で計算します。




だから、今まで通りです。

適用限度額は、所得税5万円、住民税3.5万円。




2つ目は、新契約のみで計算。

旧契約はないものとして、新契約のみで、

改正後の計算方法で計算します。




適用限度額は、

所得税4万円、住民税2.8万円。




ちなみに、

旧契約では、年間保険料10万円で、

控除額はMAX(所得税5万円、住民税3.5万円)でした。




新契約では、

年間保険料8万円で、

控除額MAX(所得税4万円、住民税2.8万円)になります。




3つ目は、

1つ目で計算した金額(旧契約のみ)と

2つ目で計算した金額(新契約のみ)を合計します。




ただし、

限度額は、所得税4万円、住民税2.8万円です。




この3つの中で、

一番控除額が多いものを選択すればOKです。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2012-10-25(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

新・生命保険料控除、これだけわかれば大丈夫!(その1)

今日は、

生命保険料控除の話。




■生命保険料控除がバージョンアップしました




最近、

「介護医療保険料控除」というキーワードで

ブログに来て下さる方が多いみたいです。




そうです、

今年から生命保険料控除が変わってるんです。




そろそろ年末調整も近づいてますし。




まず、

このバージョンアップされた生命保険料控除ですが、

どういう場合に改正後の計算が適用されるのか、

というところを理解しておかないといけません。




単純に言うと、

今年、平成24年になって新しい生命保険に加入していない方、

既存の契約の契約変更などをされていない方は、

以前と何も変わりませんので、心配要りません。




計算方法が変わるのは、

今年、新しく加入された方(一定の契約変更等を含む)です。




介護医療保険料控除に関しては、

平成24年1月1日以降の契約が対象で、

適用限度額は、所得税4万円、住民税2.8万円です。




平成23年以前の契約分は、

医療保険であっても、原則、介護医療保険料にはなりません。




なので、

新契約と旧契約が混在することはなく、

常に、新契約しかありません。




ただし、

ちょっとややこしいのは、

一般生命保険料控除と個人年金保険料控除です。




これも、

今年、新しく契約や契約変更をされていない場合は、

旧契約しかないわけですから、

その場合は、今までと同じ計算です。




問題は、

旧契約があって、さらに今年、新契約が増えた方。




というわけで、

明日に続きます!






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
所得税 | 2012-10-24(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

どうしよう?!税務調査だって!

今日は、

税務調査の話。




■これだけはやらなくちゃ




今は、

税務調査シーズン真っ盛りです。




年が明けると、

もう確定申告ですから、

今から年末までが勝負です。




じゃあ、

税務調査の連絡があったら、

調査当日までに、何をしておけばいいでしょうか?




まず、

直近3年分の総勘定元帳を用意しましょう。




最近は、

パソコンの中に入ったままで、

印刷していない、ということもあるかもしれませんが、

必ず印刷しておいて下さい。




「パソコンの中身を見せて下さい」

などと言われないためです。




印刷するだけでなく、

中身もパラパラっと見ておいて下さい。




摘要欄が虫食いでないか、

決算のときに気付かずに処理していた項目がないか、

などなど。




元帳と同じく、

過去3期分の請求書や領収証も準備しましょう。




こちらも、

中身をざっとチェック。




なんか誤解を招きそうな書き込みやら、

付箋やらがないか。

抜けている書類やもれがないか。




棚卸がある場合には、

在庫表があるか。




主要な取引については、

契約書があるか。




契約書に印紙は貼ってあるか。




複雑な取引や、少し説明が要りそうな取引があれば、

説明できるように、事前に資料を準備しておきましょう。




当日は、

もちろん、会社に税務署が来ることになりますので、

机の周り、引き出しなどは、整理しておきましょう。




プライベートのものは、極力置かないようにして、

税務署の目につく範囲は、きれいに片づけておきましょう。






このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加
関連記事
   
税務調査 | 2012-10-23(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。